映画 「武蔵-むさし-」

スマートフォン用公式サイト(表紙)

トップページ

「武蔵ーむさしー」」

時代劇映画ファンの圧倒的な支持を受け、
海外 12ヵ国でも絶賛された 「蠢動ーしゅんどうー」の

三上康雄監督作品

企画・製作:株式会社 三上康雄事務所

かいせつ

過去、何度も小説や映像化され、日本だけではなく、海外でも有名な剣豪“武蔵”。剣によって己の人格を高めていく武芸者。果たして、そうだったのか?「なぜ、武蔵は戦い続けたのか?」「なぜ、武蔵は勝てたのか?」「なぜ、吉岡一門、さらに、佐々木小次郎は武蔵と戦ったのか?」そして、「武蔵は剣によって己の人格は高められるのか?」また、「佐々木小次郎とはいかなる人物だったのか?」 今作「武蔵-むさし-」は史実に基づいたオリジナルストーリーで、“本物の武蔵”を描きます。脚本・監督は時代劇映画ファンより圧倒的な支持を受け、海外12ヵ国でも絶賛された「蠢動-しゅんどう-」の三上康雄。武蔵には、大河ドラマ「真田丸」の北条氏直役で注目を浴びた細田善彦。“勝ちたい、が、殺したくない”の無垢な心、 撮影前3ケ月間連日の特訓を経て壮絶な殺陣、武蔵の両極の心と肉体に渾身で挑みます。天下無双の佐々木小次郎には、時代劇を一身に背負う、松平健。老練かつ知的な、新しい小次郎像を創り上げます。さらに、若林豪(禅僧・太木慧道)、目黒祐樹(細川家の重臣・沢村大学)、中原丈雄(所司代・板倉勝重)の「蠢動-しゅんどう-」の三本柱に加え、水野真紀(小次郎の妻・ユキ)、清水綋治(吉岡七左衛門)、原田龍二(吉岡清十郎)、遠藤久美子(武蔵の姉・吟)、武智健二(吉岡伝七郎)、半田健人(細川家の家老・長岡興長)、木之元亮(吉岡家の高弟・大島)らが重厚なドラマを織り込みます。史実に基づいた展開とスケール。武蔵、小次郎、吉岡家、細川家、公儀、女たちの思いが複層するストーリー。武蔵が戦う、吉岡清十郎、吉岡伝七郎、吉岡一門との一乗寺下がり松、鎖鎌、十字槍、さらに、佐々木小次郎との巌流島の決闘をすべて迫力ある殺陣、オールロケによるリアルな映像、小道具にいたるまでこだわり抜き、徹底して“本物”を描きます。歴史のうねりを縦軸に、それぞれの正義の激突を横軸に、誰もが描かなかった“本物の武蔵”の映画、本格正統時代劇。それが「武蔵-むさしー」(海外タイトル:MUSASHI)です。

人物相関図

クリックすると拡大します

配 役(登場順)
新免武蔵 …… 細田 善彦
吉岡七左衛門 …… 清水 綋治 
吉岡清十郎 …… 原田 龍二
大島直治 …… 木之元 亮
沢村大学 …… 目黒 祐樹
板倉勝重 …… 中原 丈雄
吉岡伝七郎 …… 武智 健二
吟 …… 遠藤 久美子
長岡興長 …… 半田 健人
太木慧道 …… 若林 豪
ユキ …… 水野 真紀

(家族)
無二斎 …… 須藤 正裕
幼少の武蔵 …… カズキ
(吉岡家)
後藤又三 …… 黒木 信二
平野義平 …… 鈴木 有史
吉岡亦七郎 …… 小林 郁大
倫 ……秋月 成美
松尾十郎 …… 真木 仁
武田忠次 …… 勝亦 正
藤木浩助 …… 太田 聡
今屋三郎 …… 横山 恒平
(百姓)
サエ …… 瀬戸 さおり
五郎左 …… 篠田 薫
(ほか)
林泰正 …… 中川 邦史朗
紀藤一元 …… 大岩 匡
宍戸 …… 児玉 純一
奥蔵院道栄 …… 宗円 章浩
小林太郎左衛門 …… 今井 耕二
細川忠興 …… 三上 康雄


佐々木小次郎 …… 松平 健

撮影風景1
撮影風景2
撮影風景3

編集、仕上げ後に海外映画祭に出品後、2019年ロードショ-

ページトップへ